アトピスマイルは界面活性剤を使ってる?安全性は大丈夫なの?

アトピスマイルはスキンケアアイテムのシリーズですが、スキンケア用品などでよく「界面活性剤」というものを耳にします。

界面活性剤という名前だけ聞くと、なんとなく化学成分で皮膚への刺激が強いもののようなイメージですが、アトピスマイルでは界面活性剤を使用しているんでしょうか。

界面活性剤を使用しているとしたら、アトピスマイルは本当にお肌にやさしくケアできるんでしょうか?

◆スキンケアアイテムの界面活性剤とは?

そもそも界面活性剤というのは、どのような役割を果たしているのでしょうか?

界面活性剤は、スキンケアアイテムだけではなく、洗剤などにもよく使用されていることで知られています。

界面活性剤には、浸透を助ける作用、液体内に成分を分散させる作用、水分と油分を乳化させて混じり合わせる作用があります。

そのため、スキンケアアイテムに界面活性剤を使用して保湿をしやすくしたり、洗剤に界面活性剤を使用して油分を使って汚れを落としたりするというわけですね。

界面活性剤を使用していると、お肌への刺激が強くなることはないんでしょうか。

界面活性剤にもさまざまな種類があり、特にそれが科学的な成分だとお肌への影響もちょっと気になってしまいます。

◆アトピスマイルシリーズでは界面活性剤を使っている?

調べてみると、アトピスマイルシリーズのスキンケアアイテムにも界面活性剤は使用されているということなんです。

「お肌にやさしいのが特徴なのに界面活性剤を使っているの?」と感じてしまうかもしれません。

更に調査してみると、アトピスマイルシリーズの界面活性剤は植物由来のものなのだそうです。

<アトピスマイルシリーズの界面活性剤>
・ショ糖脂肪酸エステル(植物由来の界面活性剤)
・モノステアリン酸ポリグリセリル(植物由来の界面活性剤)
・N-ステアロイル-L-グルタミン酸ナトリウム
(微生物発酵で得られたグルタミン酸ナトリウムと、植物から得られる界面活性剤)

以前アトピスマイルシリーズでは牛乳由来の界面活性剤を使用しており、牛乳アレルギーがある場合には使用に気をつけなければいけませんでした。

ですが、現在では牛乳由来の界面活性剤の使用を取りやめているようです。

そのため、牛乳アレルギーがあるという場合にも使用することができそうです。

アトピスマイルシリーズの界面活性剤についてご紹介しました。

植物由来の界面活性剤だと、安心して使うことができそうですね。

使用感がどんなものか気になる場合には、公式サイトでアトピスマイル薬用入浴剤のトライアル購入もできます。

試しにトライアルを使用してみてはいかがでしょうか?

⇒⇒⇒ アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする